2010年04月28日

ここにおります

主なる神は人に呼びかけて言われた、
「あなたはどこにいるのか」。
創世記3:9

「あなたはどこにいるのか?」

食べたはいけない、死んではいけないからと神様から戒められた
禁断の実を食べた後に、アダムに語りかけた神様の問いです。

戒めを破った後のアダムの心は、不安と怖れ、怒りと悲しみなどが
入り乱れたに違いありません。

「わたしはどこにいるのだろう?」
アダムは、自分を見失ったのでしょう。

その時、神様が静かな声アダムに、「あなたはどこにいるのか?」
と敢えて尋ねて下さいます。

それに対して、「わたしは裸だったので、恐れて身を隠したのです」
とアダムは返答します。

「禁断の実を食べました」と答えたのではなかったのです。

救いの手を差し伸べて下さった神様の心を踏みにじったのです。

自分を見失ったアダムは、神様の心までも失います。
その様な意味でも神様の戒めを破ったことにより、肉体的には変化が
なかったとしても、アダムはやはり死んだのです。

神様の愛から命が与えられたという真実を失った中で生きていることの
何と足元のおぼつかないことか・・・

神様を愛する中で、自分を始め見出されることの何と多いことか。

Morning / h.koppdelaney


「はい、ここにおります」



・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 聖句・み言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

公園から公園へ

今日は礼拝後、善福寺公園で数組の家族で昼食を頂き、その後に
公園のごみ拾いをしました。

ジョギングをしている人、ボール遊びしている親子、ブランコや滑り台
などで遊んでいる子供たち・・・みんなに愛されている公園だけあって
あまりゴミはありませんでした。
K3200177.JPG

しかし、娘は真剣に探し回って、集合で呼び集められるまで、没頭して
おりました。

その後、すぐに石神井公園に向かいました。目的は、そこで開催されて
いる「第23回の照姫まつり」(存在自体を今回初めて知りましたたらーっ(汗)
に出店している仲間の様子を見るためです。

我が家は、大きな公園に南北に挟まれていて、良い環境に位置している
ことを改めて実感します。但し、移動は、子供を妻と一人ずつ乗せた
自転車ですので、近いと言っても移動だけでも大変でした。

それに加えて、照姫まつりの大盛況ぶりには、驚きました。
目的の場所だけ見たら帰ろうとした計画は儚くも破られ、途中のアニメ
のお面や風船、ヨーヨー釣りなどに娘がしがみ付いて動こうとしません
でした。

お面が700円、風船1300円・・・冗談のような値段に買わないと
説得するも、人さらいにあったかのような鳴き声を挙げて、周囲の振り
返る始末でした。
ついに、わたし達夫婦が折れる前に、風船を売っているおばさんが折れ
て、300円、最後は400円値引きしてくれました。

買った瞬間に、嘘のように満面の笑みわーい(嬉しい顔)となった娘、そうなると
知りつつも、周囲を味方に付けられては、手も足も出ません。

知恵がどんどんついて来ますね。

入口から結構かなり奥に出店していた、仲間たちにも無事に会えて
頑張っている様子を見ることができました。

なかなか、ハードな公園巡りでした。



・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

家庭をオアシスに

「ママしんで」

娘が昨日妻に言ってきたそうです。

「○○ちゃん、どうしてそんなこと言うの?
誰かに言われたの?」と妻は静かに訊いたようです。

「うん・・・」と悲しそうな表情の娘。

「しんで」という言葉を何度も使う子がいて、娘も毎日言われている
そうです。

「そんなこと言われてびっくりしたでしょ?悲しかったよね、
でも死んでいい人なんて誰もいないんだよ」と
妻は娘を気持ちに立ちゆっくり話したそうです。

「うん」と頷く娘。

待望の幼稚園に、入園して二週間も経ってませんが、こう言うところ
から家族力が試されますね。

幸いにも、幼稚園は大好き、嫌いな子もいないようです。

北海道の大自然で育った私としては、東京は住むには快適ですが、
子供が育つには険しい環境に感じます。

せめて家庭環境はオアシスにしてあげないと、ですねダッシュ(走り出すさま)



・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。