2013年03月19日

木と実り

何のために木は同じ場所でじっと耐えるのか?
厳しい日照りに耐え、激しい暴風雨にも耐え、凍える寒さに耐え・・・
何のためにそこで耐えるのか?
実を実らせるために。

木は何によって名前が決まるのか?
林檎の木、柿の木、栗の木、梨の木・・・様々な木がある。
果実によって、その木が何の木であるのかが、誰の目にも明らかになる。
木の名前は果実で決まる。

何故焦らずに木はどっしりと構えているのか?
花のない桜の木が街路樹として悠然としているのは、
花が咲くほんの僅かなときを、人が楽しみにしているのを知っているのだ。
その期待が、木も人も気長にさせる。

耐えた期間は、実りの時に一気に報われる。
その時、やっと木は評価される。

実りのために、どんな代価を払おうか?
実りのために、変わらずに耐えうるか?

小さな実を自分から切り離さない限り、実は着実に成長する。
未熟のままでうっかり落下させないように優しく育てよう。

そして、ついに実が熟した時、完全に自分から切り離して心から喜ぼう!
その実は、自分から自律した神の栄光なのだから。

・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする