2018年01月30日

結婚は相手によって再構築するもの

「結婚とは、一度個人として確立したものを、相手を通して再構築することである」をテーマで綴る。

私は、家庭を持った当初、妻と意見が喰い違うことが多く、大抵は口論にまで発展した。そんな妻との言い争いの渦中で「フツウはこうじゃないの」、「これが常識だよ」と私は言うことがよくあった。そうすると「フツウって何よ!私(妻)は異常だとでも言いたいの!?」と妻の怒りをエスカレートさせた。

いわゆる、「自分は正しい、あなたは間違っている」という稚拙短絡的な思考であり、夫婦を共同体ではなく、分離した個体でみていた。
この際だから、もう一歩踏み込んで言おう。妻を怒らせた原因は、「フツウ」という言葉が本質ではない。その言葉の裏にある私の動機にあった。
それは、「自分の方が知っている、自分の方が常識的だ」という私の思い上がりだ。
もちろん、そのように解説して妻は訴えたりしないが、次の一言が妻の心を集約している。

馬鹿にするな!」

私は幼いころから少し意地が悪いところがあり、ひねた見方をする。育ちのせいだと言いたいのだが、弟は至って素直な性格だ。
兄弟の中で一番叱られることが少なく、社会に出ても面と向かって叱られることも滅多にない私に対し、言いたいことを、言いたい分だけ言ってくる妻の性格は近頃やっと有難さを感じるようになった。

お陰様で、妻の喜怒哀楽の反応を通して、私というものが相手にどのように映り、感じさせているのかが、そのまんま跳ね返ってくる。もちろん、妻も聖人ではないので、その時の虫の居所もあるので「そのまんま」は言い過ぎではあるが、課題問題点は自分だけに当てはめるのが鉄則だ。

今回のテーマは「結婚とは、一度個人として確立したものを、相手を通して再構築することである」としたが、結婚以前の自分(思考・価値)を保ち続けることに、固執すればするほど、結婚・家庭生活が破綻する。確立されたはずの自分を解体し、夫婦用に、そして家族用へと改築するのが結婚・家族なのだろう。

音楽家の松居和さんの言葉を借用すれば、そもそも男女は「相対的発達障害」だと言う。

確かに神様が、宇宙のすべての存在を、「陰陽の法則」で成り立つように創造されたのであるならば、そもそも男女が単独で成り立つように、お創りになっていない。なので、結婚後は単独だった過去の自分を解体し、家庭用の新たな自分への改築が必要だ。

「人をさばくな。自分がさばかれないためである。あなたがたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量り与えられるであろう。なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。自分の目には梁があるのに、どうして兄弟にむかって、あなたの目からちりを取らせてください、と言えようか。偽善者よ、まず自分の目から梁を取りのけるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。」(マタイによる福音書7章1〜5節)

娘も今春いよいよ中学に進学する。また、私も今の職場を退職し、新たな出発をする予定だ。
新天地に向かうための、改築工事を始めよう。



・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。