2009年11月25日

あめだまをたべたライオン

わたしの父は、自営業の傍らで、幼稚園の職員もしてました。
その関係なのか知りませんが、家には大量の絵本とそれに匹敵する
童話や童謡のレコードがありました。

絵本を読んでもらった記憶は残ってないのですが、自分で何度も読んで
いた記憶はあります。童話のレコードも好きで、登場人物や情景をあれ
これ連想して、飽きずに何度も聴いたものです。

残念ながら、そのすべては、無くなってしまいましたが・・・

繰り返し読んだり、聴いていたためか、絵本の大まかなストーリーを
覚えていたり、レコードから流れてくる感情移入たっぷりの童話の声は
今も忘れてないです。

その中の一つに、どんな動物も吠え声一つで、震え上がらせてしまう
ライオンのルルが主人公の「あめだまをたべたライオン」という絵本が
あります。
ある朝ルルが、空からぽとりと落ちてきた黄色いあめだまを飲み込んで
しまってから、ルルの人生は一変します。
いつものように狩りに出て、恐ろしく吠えたつもりが子猫のようなニイ
という可愛らしい声しか出ません。
そのルルの声の変わりように、いつもは恐れている動物達からもからか
われてしまいます。ルルは、すっかりしょげて引きこもってしまうので
すが、結局は恐ろしい声を失った替わりに、友達をいっぱい得るという
お話だったと思います。

もちろん、あり得ない話なのでしょうが、怖がらせて、威嚇することを
止めれば、周囲と楽しく暮らせるんだなとあったかくなったものです。

あめだまをたべたライオン.jpg

たくさん見聞きした絵本や童話は何かに役立っているのかな・・・。



・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 好きな歌、動画、本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133810396
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

人生を楽しくする10の方法
Excerpt: 12月、寒い季節がつづきます。出不精になるとモノを考えることも増え、「あー、こんなままでいいのだろうか・・」とか悩んだりす...
Weblog: 暇人短剣符
Tracked: 2009-11-28 13:56