2009年11月26日

おおきなきがほしい

わたしの姉には、すでに二十歳を超えた娘と十代後半の息子が居ます。

その姉が、自分の子供たちが幼児期の時に、見せたいと思って、実家
から持ち出した古びた一冊の絵本があります。

おおきなきがほしい.jpg


この絵本は、姉のみならず、わたしや弟も大好きで、冒険心や夢を膨ら
ませられた姉弟共通の懐かしい思い出の一冊です。

少々余談となりますが、「トムソーヤの冒険」を読んだ時、そこに登場
するハックが、木の上に家を作っていることに憧れて、敵(別に誰でも
よい)に知られない場所に、隠れ家や秘密基地をすぐにでも作りたい
衝動に駆られたものです。


この絵本の主人公かおる君も、木の上に家を作ることを楽しそうに想像
します。
しかし、そのスケールの大きさに驚きます。それは丁度、木の上にある
ハックの家が、「三匹のこぶた」に登場するお兄さん達の手を抜いた
簡素な家のように映るほどです。

かおる君の想像した木はとってもとっても大きくて、幾つもはしごを
くくり付けて登るようになっており、途中にはトンネルのような空洞が
あって、その中もよじ登れるように、はしごが渡してあります。
そして、その空洞を抜けるとひょこんと家の中に入ります。

その家には、ベッドも食器も水道まであって、ほくほくのホットケーキ
も焼けるようにコンロも揃ってます。そして階段がまだ登れない妹の
かよちやんのためにゴンドラもちゃんと考案します。

ここまで来ると、すでに隠れ家とかの次元ではなく、見晴らしの良い
住む家です。
ですので、かおる君は、この家の、春夏秋冬の情景までも楽しそうに
連想してます。

I gave me some pancakes / nate steiner


佐藤さとる(著)、村上勉(イラスト)の絵本なのですが、実家には
同じ著者とイラストの「コロボックル物語」というシリーズ物の本も
置いてありました。

これぞ、日本を代表するファンタジー小説の定番だと思ってました。



・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 好きな歌、動画、本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。。。
この本を紹介してくださってとても嬉しいです。
実は日本にあった私の大好きな本を、韓国に送ってもらったのですが、その中に「コロボックル物語シリーズ」があるんです。
娘が学校に入ったら読み聞かせしてあげようと思ってました・・・
それに私のブログの、「子供たちの本棚」でも紹介しようと思ってたんですよー。

佐藤さとるさんの本は本当に好きです。
本は子供たちに夢を与える大切なものだと思います。
あー、本当に嬉しいなー。
Posted by くろねこ at 2009年11月26日 11:46
くろねこさん
喜んでくれて感激です
正直、2日連続絵本を投稿しましたが
共感されるか心配でした
ぜひ、くろねこさんのブログにも
紹介されるのを楽しみにしてます
好きな本が一緒の方に出会うと嬉しいですね


Posted by 桃缶 at 2009年11月26日 19:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133904210
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック