2010年03月24日

唯一者

137億年前と言われる宇宙創成瞬間のビッグバンまで遡ったり、
物質を粒子のフォークやレプトンへと細かく割っていくと
目に見える物質も目に見えないエネルギーにまで辿り着きます。

物質である脳が心や精神と密接な関係を結んでいることは否定できませ
ん。しかし、だからと言って心や精神は脳が作りだした副産物であると
言われると拒否反応を覚えるのは私だけではないはずです。

物質が無形なエネルギーから発生し、存在を維持しているように、
脳は無形な心や精神を受信する装置であると見た方が気持ち良いです。

無形の心の発動によって行動が始まるように、有形世界の創成も
エネルギーの爆発によって始まりました。

エネルギーを持った心、心を持ったエネルギーと呼べる一点から
無形・有形の特色に見合って各々の方向性に進んで現在のこの宇宙が
ある思うと神様は唯一者であると思わざるを得ません。

唯心、唯物では片手落ちなのですね。


posted by 桃缶 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144548876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック