2010年07月07日

パラグアイ戦後の監督会見に思う(下)

今大会で世界を驚かせることはできたか。また今後に向けた課題は何か(記者)

 われわれは驚かせるためにやるのではなく、勝って驚かそうと言っていたと思います。その意味で、勝てなかった。目標に達せなかったということで満足しておりません。(監督)


前の試合で「サッカーはチームプレーであることを証明しよう」と言っていたが、それは十分に証明できたと思うか(大住良之/フリーランス)

 われわれのサッカーというのは、レクリエーションでなくて、勝ち負けのあるスポーツ。ということは、結果として勝たないと、やはりいけない。通用したかどうかというのは、やはり結果で答えないといけないと思っています。その意味で、やはりまだ足りなかったという感じが残っています。(監督)



上記の問答をサッカーではなく、持つべき大きな夢や理想と置き換えて考えておりました。

サッカーはチームプレーだと言うことは勝ってこそ証明できる言葉・・・



高邁なビジョンや理想、そして「これが真理だ」と言いたいのであれば、しっかりとした見える結果を出さなければいけないと言うことです。

勝たずして、どんなに「このビジョンには価値がある」、「これこそ真理だ」と訴えても虚しいだけです。

証明させなければ誰も納得しないし、感化もできない内輪だけの盛り上がりに過ぎないと痛感させられました。

岡田監督の内にある厳格なプロとしての秘められた目標達成への執着心・執念に襟を正された思いです。



・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 18:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも夕食時の心面の糧とさせてもらっています。悟りを与えてもらえる貴重なブログです。多くいただいたブログ授にコメント受でも関わっていきます!
Posted by ふくたぶ at 2010年07月08日 11:24
なるほど〜。
そういうことかと桃缶さんの悟りに学びました。
Posted by 朔太郎 at 2010年07月12日 02:35
ふくたぶさん初コメントありがとうございます
朔太郎さんいつも励みにしてます

更新が途切れがちでスイマセン
書きたいことは多くあるのですが・・・

雑務に忙殺されてしまっている自分に向かって「時間はつくるもの!」と言い聞かせてやります。
時間もつくれずに、人や家庭や国などをつくれるものかと!

Posted by 桃缶 at 2010年07月13日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155613728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック