2010年07月11日

世界が一つになる日まで

神様を中心とするとは一体どういう状態なのか?
ちょっと考えますね・・・。


ただ理屈を抜きに考えても


神様無しでも、心身は一つになるのか?
神様無しでも、夫婦は一つになるのか?
神様無しでも、家族は一つになるのか?
神様無しでも、世界は一つになるのか?


と問われると、「それは違う」という思いが先立ちます。




神様を中心にしてこそ、心身は一つになれる。
神様を中心にしてこそ、夫婦は一つになれる。
神様を中心にしてこそ、家族は一つになれる。
神様を中心にしてこそ、世界は一つになれる。


敢えて似たことをしつこく並べてみました。


このように書き連ねると、あることが浮かび上がるように
クローズアップされます。


神様を中心として来なかった!


過去の人類歴史や現在の世界が一つになれなかった根本的な原因は、
神様を中心にしなかったからだと痛感します。

そして、その一つになれない原因やその解決法も神様抜きに探してきたのだとも。


過去の神様から離反し、遠回りした人類史に終止符を打ち、
神様の下に一つになる時の到来を満天下に述べ伝えよう!



・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156074942
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック