2015年05月26日

良心の呵責(下)

続きです。

人は自分が正しいと感じていることの意に反した動機や行動、そしてその結果に対して人に見つかってないことでさえ苦痛を感じるようになっているではないか。ということは、たとえ欲しい結果や成果だけを手に入れたとしても、良心の呵責を感じたままでは、幸せを感じないのだ。

つまり、今の人類は良心の感知センサーなるものの感度が悪くなっただけであり、本来良心という製品はより善なる方へ善なる方へという一つの目的をもって製造されたことになる。
結局、邪悪な方向に引き入れる邪心なるものは、良心が故障したことによって後天的に生じた誤作動のようなものだ。なので、目的に合わない悪の結果に対して後悔するのだ。

事実、良心の呵責という言葉はあるが、邪心の呵責という言葉は無い。
悪事をする時・した後に自分の中、もしくは他人に言い訳をするのは、少しでも自分を悪く思いたくないからだ。だから、善なることをする時、した後に、謙遜はしても言い訳をする気にならない。人は自分が真っ当なことをしていると思っていれば言い訳などしない。

今日も良心は誤動作をしたとしても、一つの良心の目的に従いより善なる方向にひたむきに進もうとしているのだ。

きっと、日々良心の主体に尋ね、良心の感覚を磨き、良心に従うように努めることで、良心の感度も修復改善され、逆に良心に逆らうことで鈍くなるのだと信じている。

私の祖母が言っていた言葉を思い出す。
「人が見ている、見ていないによって態度を変える浅ましい人間になるなよ、いつもお天道様が見ているのだから」。

忌憚のないコメントお待ちしております。

・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419613604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック