2010年02月22日

家庭に祈りを(上)

ユダヤ教は、七日を一週間とする周期で過ごす習慣を定着化し、これを
キリスト教が世界化させました。

今日、ユダヤ教では、週の七日目は金曜日の日没から翌土曜日の
夕方、日没までを指し、この日を「安息日」呼びます。

キリスト教では、同じ伝統を引き継ぎながらも、イエス様の復活が週の
初めに起こったために、安息日を日曜日に移動し、「主の日」と呼んで
ます。

伝統的なユダヤの家庭では、金曜日の日中に食事の用意を整え、日が
暮れて家族が揃うと、ろうそくの灯に照らされながら母親の温かな
手料理を囲って安息日を祝うそうです。
その父母が子どもたちのために祈ります。
男の子には、「願わくは神が汝を、エフライムとマナセの如くになし
たまわんことを」
女の子には、「願わくは神が汝を、サラ、リベカ、ラケル、レアの
如くになしたまわんことを」と唱えます。
そして、父母は子どもたちをしっかり抱きしめて挙げるそうです。

安息日が家族の共通の習慣であり、神様と家族が食卓を囲んで一つに
なって特別な一日を喜び、祝う。

日常生活の家族の結束やエネルギーは、このような家族が集う節目に
よって生じ、確認されるものです。



・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

家庭基礎力について(下)

十戒は二枚の石板に記されました。

伝統として十戒は、二つに大別されてます。
一つの石板には、一戒から四戒が記されており、神様を愛するための
関わりについての戒めです。

もう一つの石板には、五戒から最後の十戒までが記されており、
隣人愛など人間相互間の関わりについての戒めです。

「律法や預言者を成就するため」(マタイ:5:17)に来られた
イエス様も、律法の中で、どの戒めが一番大切かと聞かれた時に、
類似して、端的に二つのことを強調されました。

第一は、「心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ」

第二は、「自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ」

これらの二つの戒めに、律法全体と預言者とが、かかっていると説かれ
ました。
マタイ22:36〜40部分的抜粋


このように、十戒とイエス様のみ言葉を照らし合わせても、縦横の軸に
合致します。

そして、神様を愛する縦軸をもって、隣人愛への展開が横軸となり
ますが、その縦軸をしっかり流し込んで、それを横軸へと連結して、
発展させられる基礎力が必要となります。

それが家庭基礎力であり、縦横軸をつなぎ止める中心軸となるのです。

「神を愛し、父母を敬え」を家庭内で生活化され、家庭の中から倫理・
道徳観をも養われるのです。

父母を通して、先祖を敬い、更にその先にある神様を見出して、愛せる
家庭であれば、その子孫は、神様によって祝福され、繁栄されることは
想像するに難くないことです。



・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

家族基礎力について(中)

世界の諸宗教の伝統から縦横の軸を考察します。

儒教などの中国伝統宗教は、忠孝烈仁などの世代間をつなぐ縦軸の倫理と道徳を重視しているように見えます。

また、今日のキリスト教社会は自由・平等・友愛などの同世代をつなぐ横軸を尊重しているよう見えます。


しかし、その前提となる、原始キリスト教・ユダヤ教の伝統精神に立ち返ると、そこには縦横の軸の中央に、家庭の本来あるべき構造ともいうべき神と人類との中心軸が据えられていることに気付かされます。

夫婦や親子や兄弟姉妹や隣人などが、それぞれの思いで結びつくので
はなく、そこには神と人類との結びつきが基となっていることを、彼ら
が遵守してきた以下の「十戒」から見ることができます、


「あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない。
あなたはじぶんのために、刻んだ像を造ってはならない。
あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。
安息日を覚えて、これを聖とせよ。
あなたの父と母を敬え。
あなたは殺してはならない。
あなたは盗んではならない。
あなたは隣人について、偽証してはならない。
あなたは隣人の家をむさぼってはならない。」
出エジプト20:3〜17から抜粋



・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
ご覧頂き感謝です。
宜しければ左斜め下クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・・◆・・・・
posted by 桃缶 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする